任意整理を依頼する弁護士を探す方法

生活費やその他の雑費が必要で、借金をしてしまっている人は居ますよね。
最初は簡単に返せると思っていても、いつの間にか借金が膨らんで火の車になっているのは珍しくないんです。
多くの人が借金生活に足を踏み入れ、泥沼でもがくような苦しみを味わっています。
借金で苦しんでいるのはあなただけではありませんよ。
ただ、知恵を働かせて借金の苦しみから逃れている人も居るんです。

 

借金のつらさから逃れる方法として、とても有効なのが任意整理ですね。
任意整理を行えば借金を減額できるかもしれないですし、利息をカットして返済を楽に出来るんです。

 

この任意整理を依頼するのは、弁護士か司法書士になります。
法律の専門家に借金減額するんですから、その効果は絶大なんですよ。
これを知らないと生真面目に返済を続けるしか出来ず、無駄に利息を払っているのと変わらないですね。
任意整理すれば利息のカットが現実味を帯びるんです。
そうなれば元金だけを返済して行けるので、借金は減る一方なんですよ。
にも関わらず、これを知らないばかりに利用しない人は、お金を損している、極端に言えば人生を損していると言ってもいいぐらいですね。
得が出来ないのは諦めが付くかもしれないですが、損するのは気持ち的に嫌なはずです。

 

任意整理は正当な借金減額の方法なので、躊躇わずに利用するようにしましょう

 

そこで重要になるのが任意整理を誰に依頼するかなんです。
依頼するのは弁護士か司法書士なんですが、その中でも誰に頼むかが大切なんですよ。
弁護士達にも専門分野があるので、依頼するなら任意整理などの債務整理に詳しい人へ頼まないといけないんです。
そうでなければ、依頼を断られてしまったり、不十分な結果で終わってしまったりするかもしれませんよ。

 

これも損なので避けるようにしてくださいね。
どうすれば良い弁護士を探せるかと言うと、弁護士達のホームページを見れば良いんです。
債務整理に詳しければ必ずそれをアピールしています。
そうしたアピールをしている弁護士達を頼れば、自然と良い結果が手に入るでしょうね。

 

たかが任意整理と思わず、賢く利用することでより良い結果を得るようにしましょう。
損をしないのは当たり前で、いかに得するかを積極的に考えてくださいね。
泥沼のような借金生活を解消して、平穏な毎日を過ごしたいと思いませんか?
任意整理を弁護士達へ相談すれば、そんな日々が近付くかもしれませんよ。

任意整理の具体的な費用は?

任意整理すれば借金生活から抜け出せるかもしれません。
借金している人は感情がネガティブになり、解決のきっかけを見ても気付けないでいます。

 

もう一度言いますね。任意整理すれば借金を減額して、毎月の返済を楽にできますよ。
この任意整理って何なのか気になりますよね?
これは債務整理の一種で、借金を減額する効果を持っています。
どのように減額するかと言うと、過払い金の有無をチェックし、払い過ぎた利息があれば消費者金融に返還を求めるんです。
これだけでも借金の負担が減る可能性がありますし、他にもメリットがあります。
今後の利息を無くす交渉を行い、利息を発生しないようにも出来ます。
さらにすごい効果があり、3年から5年の分割払いが可能になっちゃうんです。

 

今ある借金に利息が発生せず、長期的な分割払いが可能になれば返済は楽になると思いませんか?
数百万の借金があっても、5年あれば完済も夢ではありませんよ。
利息が発生しないので借金は増えませんし、任意整理の効果は絶大ですね。

 

この任意整理を行うには、弁護士や司法書士に依頼しないといけません。
個人でも出来ますが、状況が悪化するだけなので無理しない方がいいですよ。

 

利息の計算や法律を理解していますか?

理解していないなら会話による交渉は難しいですよ。
そもそも、お金を貸してくれている相手に、返済が大変だから利息を無しにして、とお願いするんですから、相当な労力を使って説得しないといけませんね。
任意整理は拒否しても良いので、相手が交渉に応じてくれない場合もあります。
ここまで聞いても個人でやりたい人は試してみても良いと思います。

 

無理だと感じた人は、素直に弁護士や司法書士に頼みましょう。
専門家に頼むと費用が発生しますが、そこまで高額ではありません。
司法書士であれば、任意整理の費用は3万ぐらいが相場ですね。
これは借金している会社1つに付き3万です。複数から借金する多重債務者の人は、その分費用が増えますね。

弁護士だと任意整理の費用は8万ぐらいが相場になります。
司法書士よりも高額ですが、その分高額な借金に対応できる権限を持っています。
500万以上の借金をしているなら弁護士の方が良いかもしれませんね。

 

お金を捻出できないなら、報酬を分割払いにしてもらえないか聞いてみましょう。
今を頑張れば、3年から5年の負担を軽減できますし、借金の完済が現実になって来るんですよ。
利用しないのはもったいないです。

任意整理の具体的な流れ

任意整理を行った時に、どのようなことをするのか知らないですよね?
弁護士や司法書士に債務整理を依頼するなんて、一生に一度あるかないかです。
むしろ依頼した経験を持つ人の方が少数です。

 

知らないのは当然ですが、これから任意整理をしたいと思っているなら流れを知っておくのも悪くありません。
何も知らなくても弁護士や司法書士に聞けばすべて分かりますが、何をするか分からない物を試すのは勇気が必要になりますよね。
そこで、任意整理の具体的な流れをここに記載します。
どのようなことが行われるのか知れば、任意整理を利用しやすくなると思いますよ。

 

まずは任意整理を弁護士か司法書士へ依頼します。
これをしないと何も始まりませんね。
依頼する前に、もっとじっくり考えたい人は市役所や法テラスへ借金問題を相談してみてください。
もしかしたら任意整理以外の解決策が提示されるかもしれませんしね。

 

次に、任意整理が開始されると受任通知書が発行されます。
これは借金している人、つまりあなたが任意整理を始めましたよ、と消費者金融やカード会社へ連絡を送るんです。
この時点で借金の返済は一時停止になります。
毎月の返済をストップ出来るので、貯蓄して借金返済の頭金にしたり弁護士達の報酬にしたりできますね。

 

この後は利息の引き直しで、過払い金が無いかのチェックを行います。
消費者金融やカード会社から取引履歴を取り寄せ、弁護士や司法書士が調べるんです。
全部やってくれるので、あなたは待っているだけで大丈夫ですよ。
過払い金があれば返還請求します。これもやってくれるので待っていればOKです。

 

次は消費者金融などとの交渉ですが、これも任せておけば問題ないですよ。
何を交渉するかと言うと、今後の利息をカットする交渉が主になります。
利息をカットする交渉にどうして応じてくれるかと言うと、自己破産などをされてしまったら貸したお金が回収できずに赤字になってしまうからです。
それなら貸したお金だけでも返してもらおうと考えて、利息のカットを受け入れてくれるんです。

交渉が成立したらその連絡があなたの所へ来ますので、後は利息が無い状態で返済を続けて行けば良くなります。
長期的な返済になりますが、毎月の負担は任意整理前に比べて遥かに軽くなっているはずですよ。
ちなみにここまでに3ヶ月から半年掛かるので、任意整理するなら早めに行動するのが大切ですね。
ざっくりとまとめましたが、これが任意整理の流れになります。
うまく任意整理を利用して借金を楽にしましょう。

任意整理は家族や会社にばれる?

借金の問題は誰にも知られたくないですよね。
近所の人は当然ながら、友人や家族にさえ知られたくないのが自然な感情です。

 

借金を減額できる任意整理を行いたいけど、それをしたら周囲に借金がバレてしまうと感じているなら、それはまったくの誤解ですよ。
はっきりと断言しちゃいます。任意整理をしても周囲の人や家族、会社にすらバレません。
バレるとしたら任意整理の手続きに必要な書類を落としたり、あなた自身が言ったりした時です。
それぐらいしない限り、任意整理を行った事実が知られる心配はないんです。

 

とは言う物の、何をきっかけにバレるかは分かりません。
バレないと高を括っていると足元をすくわれかねないので注意してくださいね。

 

また、秘密にしたいなら弁護士や司法書士に任意整理を依頼する際に、バレたくないと言う意思を伝えましょう。
大抵の場合は携帯に電話連絡をしますが、家の電話を連絡手段にしていたら家族に気付かれる確率も出てきます。
そうならないように、相手に秘密にしたい気持ちを伝えておくようにしましょう。
そうすれば連絡方法や書類の受け渡しに配慮してもらえますよ。

 

借金している人は、会社に発覚しないかを気にしている人が多い傾向にあります。
なぜ会社にバレたくないのかを聞くと、大抵の人は借金があると知られたらクビにされるかもしれないと答えているんです。
借金している事実とクビが直結するケースは少ないはずです。
あなたは借金しているからクビです、と通告するなんて話は聞いたことがありません。
とは言え、借金をしているのがバレたら同僚や後輩に陰口を言われる危険性はあるでしょうね。
大半の時間を会社で過ごす以上、人間関係の悪化は避けたいものです。
ですが安心してくださいね。
任意整理を行っても会社に発覚する心配はありませんよ。

 

ちなみに、任意整理を弁護士などへ頼まず、自分で行うと発覚するリスクは高くなっちゃいます。
手続きを開始すると必要な書類が自宅へ送られてきます。
それを家族に見られたら疑問に思われてしまうでしょうね。
個人で任意整理を行うのはリスクしかありません。専門家を頼って、秘密裏に借金を減額する方が得策だと思いますよ。

 

借金はこっそりと減額出来るので、それを心配して躊躇っていた人は迷う必要が無くなりましたよね。
苦しい借金から解放されたいなら任意整理を試してみましょう。
きっと良い未来に繋がるはずですから。

任意整理が出来ない場合がある

借金を減額できる任意整理ですが、稀に断られるケースもあるんですよ。
誰でも利用できるんじゃないのか?
そんな疑問が浮かぶかもしれませんが、残念なことにその通りなんですね。

 

なぜ利用できないケースがあるのか、ここで紹介します。
もし該当しているなら、少し任意整理について考え直さないといけなくなります。

 

まず、任意整理は自己破産と違って借金をチャラにする訳ではありません。
減額するだけであって、残った借金はこれからも返済を続ける必要があるのは分かりますよね?
その返済が可能かどうかによって、任意整理が出来るかどうかが決まるんです。

 

例えば、500万の借金があり、年収は200万ぐらいだとします。
生活費などを切りつめても、毎月の返済に使える金額は2万しか無いとします。
任意整理では、最大でも5年以内に完済するのが条件になっているので、60回の分割払いになるんですよ。
この例でみると、毎月2万の返済だと、60回で120万しか返済出来ないですよね?
500万の借金の完済にはほど遠いです。

 

このような場合は任意整理が出来ません。と言うか、弁護士や司法書士が依頼を引き受けてくれないんです。
そうなったら自分自身で任意整理をと思うかもしれませんが、時間の無駄ですね。
返済不能な借金を抱えているなら自己破産等が妥当になってきます。
自宅は手放したくないから任意整理が良いと主張しても、それはのれんに腕押しで無意味ですよ。

 

他にも、弁護士や司法書士が依頼を受けてくれても、失敗するケースがあります。
任意整理はあくまでも会話による交渉が基本なんですよ。
なので、任意整理を断っても何の罪も罰則もありません。
消費者金融などが任意整理の交渉を拒否すれば、これは失敗となりますね。

 

どのような場合に拒否されるかと言うと、一度も返済を行っていないような場合が該当しますよ。
返済する意思をまったく見せていないのは心証が悪いですし、利息が一度も払われていないと相手からしたら儲けが少なくなってしまいます。

 

借金して間もない任意整理にも応じてもらえない可能性が出てきます

 

このように任意整理が出来ない事例は少なからず存在しているので、もじ自分が該当しているようなら選択肢を変えないといけませんね。
ただ、本当に任意整理が出来ないかは、弁護士や司法書士に相談してから判断しましょう。
借金の減額はできないんだ、と諦めるのは早いです。
弁護士達は債務整理の専門家です。うまく交渉してくれるかもしれないので、任意整理できるか聞いてみるようにしてくださいね。
仮に断られたとしても、他の弁護士なら引き受けてくれる可能性もありますよ。