痴漢に遭いたい願望を叶える方法。痴漢の特徴や痴漢に遭いやすい女性の恰好などまとめ

痴漢に遭いたいのに、全然痴漢してくれない…。

なんてエッチな悩みを抱えているあなたに、痴漢に遭う方法を紹介します。

痴漢に遭う方法として、最も確実なのが電車です。

今回は、電車で痴漢が狙う女性の特徴、痴漢を見つける方法、車両の位置、時間帯などについてまとめてみました。

痴漢が狙うのはこんな女性

痴漢が狙う女性は、ズバリ「地味な女性」or「おとなしそうな女性」です。

少し前に、ツイッターでもこんなイラストが話題になりました。

全ての痴漢被害者に当てはまるわけではありませんが、統計的に見るとこういった特徴が現れるようですね。

後は、身体がぶつかったらすぐに謝る女性や、荷物で両手が塞がっている女性も狙われやすいです。

普段のあなたと比べてどうでしょうか?

また、痴漢がターゲットにする女性の恰好は、スカートが多いです。

女子中高生の痴漢被害者が多いことからも、スカートを履いている女性が狙われやすいのは確実なので、痴漢に遭いたいなら、スカートがベストですね。

昨今は、キュロットも痴漢に人気のようです。

痴漢を見つける方法

痴漢には、ある特徴があります。

  • ターゲットを物色している
  • 両手が空いている
  • ドア付近から動かない

駅のホームでターゲットを物色

昨今は、駅のホームでスマホを見ている人がほとんどですが、痴漢だけは常に挙動不審に周りをキョロキョロしながらターゲットを物色します。

待機列に並びながらも周りをキョロキョロしたり、向かいのホームからターゲットを探していたり、スカートの女性を目で追っていたりといった感じです。

こういう行動をしている男がいたら、痴漢である可能性が高いですね。

両手が空いている

痴漢は、必ず両手が空いています。

スーツ着てるのに荷物を持っていないリーマンとか、リュックやボディバッグの男ですね。

後は、比較的走りやすい恰好をしていることも多いです。

いざというときに、逃走できないとダメですからね。

ドア付近から動かない

これは車内での話ですが、痴漢はドア付近から動かないことが多いです。

車内はホームに着くと、降りる人が多くて座席が空くこともあるかと思いますが、痴漢はこのタイミングでも動きません。

普通の人だったら、一目散に座席に向かうでしょう。

しかし、痴漢は座ってしまったら終わりです。痴漢出来ません。

ですので、基本的にはドア付近から動かないですね。

痴漢に遭いやすい車両位置

痴漢される確率が高いのは、ドア付近と車両の連結付近です。

ドア付近と連結付近は、壁と痴漢の間に挟まれ死角ができやすいので。

また、次の駅の階段or改札に近い車両は、痴漢に狙われやすい車両です。

いざという時に、降りて即逃げられるからです。

痴漢に遭いやすい時間帯

痴漢が多い時間帯は、朝夕のラッシュ時間です。

どちらも、最も車両が混む時間帯なので。

また、終電間際も、酔った男性が痴漢に及びやすい時間帯ですね。

中でも、朝の混雑時はオススメです。

朝は、登校or出勤前で時間に余裕がなく、痴漢されても遅刻したくないという理由で泣き寝入りする女性が多い傾向にあります。

これを痴漢が見逃すはずがありませんよね。

痴漢に遭う方法まとめ

痴漢が狙い易い女性の恰好をして、痴漢の多い車両と時間帯を狙えば、痴漢に遭う確率はぐっと上がるはずです。

もし、それでもダメなら、痴漢プレイ好きな男性と出会うといいでしょう。

地域によっては、混雑車両がないところもありますからね。

痴漢プレイ好きな男性と出会う方法はこちらの記事で詳しく解説していますので、よかったら参考にしてくださいね。

参考記事
痴漢されたいなら大手出会い系がベスト。痴漢願望のある女性は皆使ってますよ

コメント